コラム 未分類

災害時の発信について考える

2018年6月20日

暮らしかがやく整理と防災 フフジカンのぐっちゃんです♪

この度関西で起きた地震で被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます。

 

この2日間ぐるぐると考えておりました。

災害が起きた時に

困っている人は誰か。

その人が必要としているものは何か。

 

被害が大きかった地域の人ほど困ることが多くて

地震だから簡単に解決することばかりではないけど

解決するための現地のリアルタイムの情報は不足する。

SNSは現地のリアルタイムを発信するのに向いていますが

現地で困っている人に届けたいと、現地の人が発信してくれた貴重な情報が

揺れていない地域のひとからの「大丈夫ですか?」「心配してます」で埋もれていきます。

 

私は災害時に必要とされるのは現地のリアルタイムな事実であって

揺れなかった地域の方の感情ではないと思いいたったのです。

(私の思いであって強制ではありませんよ)

 

SNSが普及して誰でも発信できる時代。

発信しない配慮があってもいいのでは?と思うのです。

揺れなかった地域の方も心配で胸が張り裂けそうになる気持ちもわかります。

私もそうです。

でもそれはちょっとまって。

被害が大きかった地域の方のSNSの画面に何が表示されるのが望ましいのか

一度考えてみるのもよいのではないでしょうか?

 

そんなわけで

この2日間SNS発信を控えておりました。

「ぐっちゃん どうした?」と思っていただいた方、ありがとうございます。

うれしいですが、災害時に見るべき場所はここではないのです。

自治体の公式HPや防災アプリなど、災害時は信頼性の高い情報源から情報を確保しましょうね♪

平常時の備えはお任せください♪

災害時に私がいなくても大丈夫なように、平常時にしっかりサポートします!

さて、札幌で地震のニュースを見ていて

□備えたいと思った方

□なんだか不安になった方

□何からそなえていいかわからない方

「ピッタリそなえる防災準備 お話し会」開催します♪→詳しくは♪♪こちら♪♪

 

お読みくださりありがとうございます♪

-コラム, 未分類

Copyright© フフジカン , 2021 All Rights Reserved.