過去に経験した災害について 未分類

自己紹介防災編②水害

投稿日:2018年7月10日 更新日:

暮らしかがやく整理と防災 フフジカンのぐっちゃんです。

 

この度の平成30年7月豪雨による災害でお亡くなりになられた方に心よりお悔やみ申し上げます。

また被害にあわれた方が1日も早くもとの生活が取り戻せるようにお祈り申し上げます。

 

何度もお悔やみを申し、何度もお祈り申し上げる事態が続いております。

天災は止めることはできませんが、まだ被害を最小にするためにできることがあるはず。

私にできることを一つ一つ実行していこうと思います。

 

 

今回の豪雨のニュースを見ていて色々と思い出すことがありました。

少し記憶があいまいになってきていますが、自己紹介防災編の続きとして書こうと思います。前回の投稿はコチラです。

 

*  *  *

私が気象情報会社に勤務し始めて新人研修を終え配属されたのは関西の営業所で、自治体はじめあらゆる業種に災害対策支援のための気象コンサルティングを行う部署でした。希望叶って防災に携われることになりました。

その矢先に新潟で豪雨災害が起こりました。

平成16年7月新潟・福島豪雨のWikipediaはこちら

入社して3か月の新入社員でしたが、小さいころから伊勢湾台風物語を繰り返し見ていた私はその惨状をニュースで見て、いてもたってもいられなかったのです。

配属先の先輩にお願いして有休もつかないのに会社を休んで被災地にむかい、滞在できる数時間のあいだに被害の大きかった地域に向かいました。

水没した町から水が引き、道路わきは高々と泥まみれのがれきが積まれ、その合間に静かに家具の泥を落としている方がところどころにいらっしゃいました。

その中のおひとりの泥を落とす作業を手伝わせていただき、そのうちにお話を伺わせていただきました。

水が押し寄せてから1階がすべて浸水するまで、たった2分だったと、そう伺ったと記憶しています。

水が来た時にはもう2階に上がるだけで精一杯の状況に、降り続く雨のなかでさらに水位が上がるのではないかという恐怖でいっぱいの中で一晩をすごされたそうでした。

被災地から戻ると、会社では被災状況から問題を洗い出し、気象情報会社としての解決策が作り出されていました。

それをもって自治体に提案する日々がはじまりました。

そこで自治体の防災担当者のかたとお話しするわけですが、どの自治体の担当の方も、市民のいのちという重責を背負い真摯に対応されておりました。市役所の窓口のイメージとは全く違う自治体の姿がそこにはありました。

*  *  *

 

悲しいですが、日本には何度も災害が繰り返されてきた過去があります。

そしてそのたびに、もし災害が発生しても、被害は最小にとどめると努力を積み重ねる方々がいます。

自治体だけじゃなく、様々な業種にわたり被害を最小にとどめるために努力されてきている方々がいるのです。

そのため、日本の防災技術は世界一なのだそうです。

 

それでも被害が繰り返されます。

どんなに努力を積み重ねても、人間の行うことは自然に対してちっぽけである時もあるのです。

今回の平成30年7月豪雨もそうでした。

 

それでも考えます。どうしたらもっと被害を抑えることができたかと。

そして突き詰めていくと、最後は一人一人が自分の身をまもるために、自分がどれだけのリスクをもっているのか、いつ避難するのか、どこに避難するのか、だれと非難するのか、何をもって避難するのか…つまりは事前に被害を想像して対策を講じそれを行動にうつせるかどうかというところにいつも私はいきつくのです。

しかし、行動にうつすには勇気がいります。災害が起こってない平常時に行動しようとすればなおさら勇気がいります。

だから勇気をだして自分の身をまもりたいと行動する最初の一歩を、私は一緒に歩める人になりたいと思うのです。

私もまたちっぽけですが、できることを一つずつ行動していきたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございます。

現在募集中です!

 

防災備蓄収納2級プランナー講座

お申込みいただいています!

防災備蓄 何を?どれだけ?どこに?どう管理する?

しっかりと学べる1日講座です。

開催日程8月22日(木)

no image
防災備蓄収納2級プランナー講座

備えが必要。そう思ったまま時間が過ぎていませんか? 日常の生活が戻ると、つい忘れてしまいがちになる防災備蓄。ですが、心のどこかで備えなければと思ったまま過ごしてはいませんか?防災備蓄の必要性を感じなが ...

夏休み自由研究応援企画!

 試してみよう!防災アイテム

8月3日(土)

札幌トヨペット月寒店2階会議室

10:30~使ってみよう!携帯トイレ

13:30~食べてみよう!アルファ化米

夏休み自由研究応援企画!試してみよう!防災アイテム

防災を取り入れたちょっといい暮らし方をご提案! 楽しい気持ちをそなえる 防災ライフプランナー水口綾香です♪ 実際に防災アイテムを使ってみたことありますか? 本当に、いざという時使えますか? 「知ってる ...

My防災リュックを作ろう講座

8月27日(火)10:00~11:30

教育文化会館303室

My防災リュックを作ろう講座

備えようと思ったときに、真っ先に思いつくのは防災リュック!という方も多いはず! でも、ちょっとまって! そのリュック、何にそなえてますか?あなたに必要なモノ、足りてますか? 何となく必要そうだから…で ...

防災備蓄相談会 

お好きな時間にご予約できるようにリニューアルいたしました。ZOOM相談もお受けします。

防災備蓄相談会

フフジカンでは個人的な防災備蓄相談を受け付けております。 昨年まで備えのあれこれ相談会として月に1度実施しておりましたが、ご都合のつく日時にご予約していただけるようになりました。   元々防 ...

訪問作業も受け付けています!

訪問作業のご案内

ただいま訪問作業のモニター様を募集しております。 防災備蓄収納サポートサービス ご自宅に片付く仕組みをつくりながら防災備蓄を構築していきます。 ①初回訪問にてヒアリングと施工個所の確認・コンサルティン ...

-過去に経験した災害について, 未分類

Copyright© フフジカン , 2019 All Rights Reserved.